本ページでは当事務所が解決した労働災害の相談実績の一部をご紹介致します。

 

No. 相談事例
60代男性 原発事故現場での作業中心筋梗塞で死亡したケース

 

40代男性 口調設備業 転落事故で胸髄損傷、 外傷性くも膜下出血の傷害を負い半身不随を負ったケース

 

40代男性 自動車整備業 荷台に身体が挟まれ、遷延性意識障害の状態になったケース
50代女性 自動車部品製造業 プレス機に指を挟まれ指を切断したケース
50代男性 職場内のトラブルにより、うつ病を患い自殺したケース


静岡労働局による労働災害件数の発表

 静岡労働局は、2015年の1年間に静岡県内で起きた労働災害について発表しました。

 死傷者の数は、2014年より13人少なくなったものの、まだ4096人の方々が労災被害にあっています。

 この内の死者は34人で、建設業、製造業に従事する者が大半です。 

 機械のはさまれ、巻き込まれ事故、墜落転落事故が労災事故の大きな原因になっています。

 私たちの事務所には、労災被害者やそのご遺族の方々が多数相談にみえられますが、そうはいっても4096人の内のごく一部です。

 職場では、働く者の安全が最優先されなければならないのですが、現実的にはそうなってはいません。

 安全帯や安全靴を交付せず、転落事故にあい死亡したという相談も当事務所に寄せられています。

 使用者の中には、労災保険金が支給されれば、あとは知らないという不心得の者も少なからずいます。

 私たちの事務所は、静岡県内の労災解決のパイオニアとして労災に関する知識を事務所内に数多く蓄積しています。

 あきらめることなく、当事務所にご相談下さい。

2016年5月20日


労働災害の相談料金無料 0120-331-348 平日9:00~17:30 夜間法律相談 平日18:00~20:00 土曜法律相談 10:00~16:00 弁護士法人 鷹匠法律事務所(静岡県弁護士会所属)静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号 NEUEZEIT(ノイエツアイト)4階

ご相談の流れはこちら