• HOME
  • 解決事例
  • 労災の障害補償給付請求を先行させ,自賠責12級5号で訴訟外の和解

労災の障害補償給付請求を先行させ,自賠責12級5号で訴訟外の和解(2018年9月27日解決)

(2018年9月27日解決)

依頼者A(56才の男性,会社員)は,退勤中にバイクを運転して前進していたが,渋滞中の車両の間から,加害者Bの運転するバイクが右折してきて衝突した。
 
Aは,左鎖骨遠位端を骨折し,左肩関節に可動域制限を残した
Aは,本件事故直後に当事務所に相談したが,当事務所では,Aに労災保険を使用して治療することを勧めた。
 
Aに後遺障害が残存する場合,労災保険の方が被害者の実態に沿った判断がなされるからである。
 
本件では,Aの後遺障害につき,静岡労働基準監督署に障害補償給付請求をしたが,静岡労働局の医師が,Aを実際に診断し,静岡労働基準監督署の署長は,障害等級第12級5号と認定した。
 
この認定をもとに,自賠責会社に後遺障害の等級申請をしたところ,静岡自賠責損害調査事務所も,第12級5号鎖骨に著しい変形を残すもの)と判断した。
 
そして,当事務所では,Bの加入している任意保険,D損害保険会社と交渉した。
 
障害補償一時金や,自賠責後遺障害保険金を含め,既払金は400万円程あったが,最終的にはAの過失を20パーセントとし,D損保がAに対し250万円支払うということで訴訟外の和解が成立した。
 
D損保は,鎖骨の変形は,労働能力喪失率14パーセントでは,判例も含め認めていないので,9パーセントで,喪失期間は10年,既払金を除いて150万円支払う旨の提示をしたが,最終的には250万円支払うことで和解が成立した。

 
 

労働災害の相談料金無料 0120-331-348 平日9:00~17:30 夜間法律相談 平日18:00~20:00 土曜法律相談 10:00~16:00 弁護士法人 鷹匠法律事務所(静岡県弁護士会所属)静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号 NEUEZEIT(ノイエツアイト)4階

鷹匠法律事務所労災クロージングバナー.JPG